中野ブラザーズ プロフィール

プロフィール

中野ブラザーズ プロフィール 2006年~

軌  跡

2017
(H29)

1月、ロスアンジェルス GENKI CLUB主催「タップダンス公演 in L.A」

 

2月、章三80歳。現役最高齢タップダンサーとして精力的に活動する。

 

8月、「24時間テレビ40愛は地球を救う」にご出演 タップダンスを披露

 

10月、銀座博品館劇場で70周年記念公演。

 

順次、大阪公演、福岡公演を実施予定。

2016
(H28)

1月、博多唐人町プラザにて「That’s SHOWZO Tainment」出演。

 

3月、女性自身に、章三が考案した「タップダンス健康法」が取り上げられる。

 

3月、福岡市大名スクエアガーデン「SIDE by SIDE」出演。

 

6月、北九州市にて「手話ダンス You & I 主催イベント」出演。

 

7月、福岡市「ピアノ立花洋一×TAP中野章三 Twins Swing Twinkle」出演。

 

12月、ダンススタジオニューバランス主催「ダンスでGO!」出演。

2015
(H27)

3月、なかのZERO大ホールにて「手話ダンス You & I 主催イベント」出演。

 

4月、「NATIONAL TAP DAY2015」出演。

 

4月、弟の章三が福岡から東京に拠点を移す~東京でレッスン開始。

 

6月、「九州タップダンスフェスティバル」出演。

 

8月、座高円寺2にて、中野ブラザーズファミリー主催「TAP Dance SHOW」出演。

 

11月、メルパルクホール大阪「第3回 大阪タップコレクション」出演。

2014
(H26)

6月、「九州タップダンスフェスティバル in 福岡」出演。

 

10月、「グローバルエンターテインメントフェスティバルin 関西」出演。

2013
(H25)

9月、福岡市ももちパレスにて「中野ブラザーズ65周年記念公演」出演。

 

12月、メルパルクホール大阪「第1回 大阪タップコレクション」出演。

2012
(H24)
鹿児島県桜島「音楽の時間」出演。
2011
(H23)
4月、「NATIONAL TAP DAY 2011」中野ブラザーズトリビュート企画
2010
(H22)

4月、「NATIONAL TAP DAY 2010」出演。

 

8月、兄の啓介が急逝。

2009
(H21)

3月、アクロス円形工房#06「春らんまん」出演。

 

3月、福岡スカラエスパシオ「The Dream Dancer'S Charity Show」出演。

2008
(H20)

2月、東京銀座博品館劇場にて「中野ブラザーズ60周年記念東京公演」を開催。

 

3月、NHK総合「生活ほっとモーニング」出演

 

3月、テレビ東京「たけしの誰でもピカソ」出演

2007
(H19)

6月、福岡市民会館にて「中野ブラザーズ60周年記念公演」を開催。

 

12月、「レビュー狂時代2007」渋谷C.C.レモンホールに特別出演

 

2006
(H18)

テレビ東京「豪腕コーチング」のタップダンス対決において2連覇を果たす。

 

1985年~2005年

軌  跡

2004
(H16)

福岡にて自伝「中野ブラザーズ物語Steppin' Happy」公演を開催。

 

2003
(H15)

3月、福岡にて「ニューバランス10周年記念公演」に出演。

 

2002
(H14)

6月、西鉄ホールにて「中野ブラザーズ55周年記念公演」を開催。

 

8月、9月、東京銀座博品館劇場にて「中野ブラザーズ55周年記念東京公演」を開催。

 

10月、大阪朝日放送「探偵ナイトスクープ」に出演。

 

11月、NHKラジオ「日曜喫茶室」に出演。

 

2001
(H13)

1月、福岡にて章三、「NEW BALANCE」公演にゲスト出演。

 

8月、東京にて「クラブ進駐軍」に出演。福岡にてディナーショーを公演。

 

12月、福岡にて章三、「NEW BALANCE」公演にゲスト出演。

 

2000
(H12)

8月、東京にて「クラブ進駐軍」に出演。

 

9月、章三、福岡にておすぎさんを招き、「Steppin' Happy」を公演。

1999
(H11)

7月、横須賀芸術劇場「ジャズドリームス」に出演。

 

8月、新宿厚生年金会館「クラブ進駐軍」に出演。

 

12月、博多座にて「THAT'S TAP」を公演。長兄の南風カオルと久々の共演が実現。

 

1998
(H10)

8月、渋谷ジァンジァン「おすぎのシネマトーク」に章三、ゲスト出演。

 

12月、アクロス福岡シンフォニー・ホール「九州文化塾」で講師を勤める。

 

1997
(H9)

9月、福岡サンパレスにて「中野ブラザーズ50周年記念公演」を開催。

 

1996
(H8)

1月、福岡アクロス・シンフォニーホールでアクティブフクオカ舞踊研究所のジャズダンスと中野タップクラスの共同公演開催。

 

2月、福岡にて「中野ブラザーズ・ディナーショウ」を公演。

 

6月、東京にて「STEPPIN' HAPPY」を公演。福岡からダンスグループ「NEW BALANCE」も参加出演。

 

1995
(H7)

3月、東京にて「3人寄れば」再演。

 

10月、福岡にて「中野章三ワンマンショウ」を公演。ピアノの岩崎大輔さんと共演。

 

1994
(H6)

6月、横浜にて「OFF-LIMIS」再演。

 

7月、福岡にて中野ブラザーズ・ファンクラブ発足。

 

11月、東京にて松島トモ子さんとの「3人寄れば」再演。

 

1993
(H5)

9月、福岡にて「THAT'S TAP!」公演。

 

10月、福岡TOYOTA・スカラエスパシオで松島トモ子さんと「3人寄れば」を公演。

 

12月、東京にて財津一郎さんとミュージカル「OFF-LIMIS」に出演。

 

1992
(H4)

1月、「踊り始めて45年、アニパーサリー公演」を東京芝メルパルクホールで公演。同時にショーを公演。同時に話の特集社より「タップ&ダンス・中野ブラザーズ」を出版。同月、テレビ朝日「徹子の部屋」に2度目の出演。

 

9月、福岡市民会館で中野タップクラスの生徒と共に第3回「踊り始めて45年記念公演」を開く。10月、アクティブフクオカ舞踊研究所に中野タップスタジオをオープン。

 

1990
(H2)

1月、福岡タップスタジオ「第2回タップ発表会」を福岡メルパルクホールで公演。

 

1988
(S63)

12月、福岡タップスタジオ「第1回タップ発表会」を天神津久志会館で公演。

 

1987
(S62)

3月、中野サンプラザホールで「第5回ジャズダンススペシャル」を公演。

 

7月、「踊り初めて40年、アニバーサリー公演」をシアターアプルで開く。恩師吉田タケオ氏とタップダンスで初共演。

 

9月、テレビ朝日「徹子の部屋」に出演。

 

1986
(S61)

民音ミュージカル「楼蘭」再演、振付。

 

「第3回ジャズダンススペシャル」公演。

 

和田誠オリジナルミュージカル「クマのプーさん」振付。

 

8月、NYから来日した「チェルシーショウ」福岡公演で、タップキッズのメンバーと一緒に踊る。

 

11月、東京郵便貯金ホールで「第4回ジャズダンススペシャル」公演に出演。

 

1985
(S60)

「つくば科学万博」のタップダンスを振付。

 

少年隊ミュージカル「ザ・サスケ」振付。

 

「第2回ジャズダンススペシャル」公演で振付・演出。

 

福岡「タップキッズ」オープン。福岡天神エグザスのタップレッスン開始。

 

啓介は石坂浩二氏スクールでタップのレッスン開始。松山善三作・演出ミュージカル「原宿物語」出演。

 

1935年~1984年

軌    跡

1984
(S59)

「松島トモ子リサイタル」再演。

 

中野ブラザーズタップスタジオを日本テレビ音楽院内に開設。

 

日本ジャズダンス協会創立記念「第1回ジャズダンススペシャル」公演に出演。中野啓介、同協会理事長就任。

 

1983
(S58)

東京ディズニーランド・オープニング・ショウ出演。タップのレッスン開始。

 

園内のアトラクション・ショウ「スイング・アンド・シング」振付、一年間続演。民音ミュージカル「楼蘭」振付。TBS TV「夜と貴方と音楽と」出演。

 

1982
(S57)

NEW YORKラジオシティミュージックホール50周年記念公演「アンコール」の「日本の春」の振付。ロケットガールズ36人に日本舞踊を踊らせる。

 

「松島トモ子リサイタル」出演。

 

赤坂ホテルニューオータニ「タップチップス」オープン。男性ダンサーに2ヶ月でタップダンスを特訓。ショウを振付。前年よりレッスンを受けていた天宮良が出演。一躍人気者になる。

 

テレビ朝日「題名のない音楽会」出演。

 

京都会館ホール「35周年リサイタル」再演。

 

飯倉アメリカンクラブ・ニューイヤーズショウ出演。

 

1981
(S55)

「さよなら日劇」にて最後の日劇舞台を踏む。

 

TBS「ザ・ホリデー」出演。

 

銀座博品館劇場にて踊り始めて35年ダンスリサイタルを公演。

 

テレビ東京「ピアノふぉる亭」出演。

 

札幌東急ホテルのクリスマスショウ「チエミショウ」出演。これが江利チエミさんとの最後の共演となる。翌年2月、江利チエミさん他界。

 

1978
(S53)

江利チエミ、橋幸夫、島倉千代子等の舞台、ミカド、テレンコーター、月世界、コパカバーナ等の一流クラブにて振付、出演をこなす。

 

1977
(S52)

東芝EMI「TAP中野ブラザーズ」制作。

 

日劇「桜田淳子ショウ」振付、出演。

 

日劇「踊るゆうれい船」出演・振付。新宿コマ劇場にて江利チエミ主演「鼻のお六」出演。

 

1966
(S41)

江利チエミ主演ミュージカル「キス・ミー・ケイト」出演。「トゥー・ダーン・ホット」振付、出演。

 

「水谷良重ショウ」振付、出演。バラエティ誌に賞賛され、以降、西郷輝彦、小柳ルミ子、ジョーン・シェパード等のショウ、日劇、コマ、宝塚等の大劇場のショウの振付を担当。TV「土曜日の恋人・園まりショウ」振付、出演。

 

1965
(S40)

新宿コマミュージカル「陽気に踊ろう」の構成・演出・振付を兄弟で担当。日劇「江利チエミショウ」出演。大阪梅田コマ劇場「アニーよ銃をとれ!」出演。TBSテレビ「チエミと共に」の振り付けを担当し、レギュラー出演。

 

1962
(S37)

フジテレビ「シオノギ・ザ・ビックショー」レギュラー出演。江利チエミ主演ミュージカル「スター誕生」に振り付け、出演。

 

1960
(S35)

日本帰国。「江利チエミショウ」と「ジャズショウ」に出演。日劇ダンシングチームとスコットランド、イングランド、コペンハーゲン公演。

 

1959
(S34)

「ホリデイ・イン・ジャパン」ラスベガスのニューフロンティア・ホテルへ1年間ロングラン出演。タミー・モリナロ氏より多くの舞踊テクニックを学ぶ。故サミーデイビスJr とも交友を深める。

 

1955
(S30)

「江利チエミショー」日劇に初出演、その後、江利チエミショーで全国巡演。

 

1954
(S29)

「東京キューバンボーイズ・ショウ」全国巡演。米軍キャンプ・ナイトクラブ・劇場など、活躍の場が次第に増える。

 

1953
(S28)

上京。「中野ブラザーズ」を名乗る。

 

1947
(S22)

京都にてタップダンスを吉田タケオ氏に師事。小雀劇団の子役として数本の映画出演。

 

1940
(S15)

中野チンピラ劇団で初舞台。長兄・中野カオル(現・南風カオル)と3兄弟で活躍。

 

1937
(S12)

弟・章三、同じく東京で誕生。

 

1935
(S10)

兄・啓介、東京で誕生。

 

Sponsored Link

ホーム RSS購読 サイトマップ
Top 情報一覧 レッスン プロフィール 出演情報 番組 フォト アルバム ミュージックボード タップダンス映像ライブラリー 座タップダンス健康法